最新ニュース、目玉情報、芸能関連などなど


by mty1210

児童ポルノ問題 最新

サイゾー 芸能タブー・業界別タブー暴露雑誌


世界各国が根絶を目指して取り組んでいる児童ポルノ問題。
日本でも1999年に「児童買春・児童ポルノ処罰法」として法律が成立し、2004年
には2度目の改正が行われましたが、いまだ効果は発揮できていないようです。

さらにはネットの世界は野放図のままで、児童ポルノの氾濫において、警視庁が1つの回答
を出しました。
18日、警察庁はネットに流通する児童ポルノ根絶を目指して、3つの重点項目を発表。
(1)取り締まり強化
(2)流通の防止
(3)被害児童の精神的ケア

とくに(3)が重要です。
児童本人が望まない画像が出回り、そのせいで心が傷つき、人生が台無しにされてしまうの
です。しかし、これまではネットに出回っている写真から児童を特定するのは困難でした。

そこで警視庁では、被害児童を特定して精神的なケアを行うことを目的にポルノ画像の分析
チームを 設置したのです。また、各都道府県警察本部にも被害児童に対する専門家を加えた
カウンセリング態勢を整備するよう指示を出しました。

分析の手法ですが、画像に写っている被害者の着衣や風景などを分析して身元特定を行うと
のことです。



たいへん良い行いだと思います。
児童は大人が守ってあげなければならないのです。守るのが義務なのです。
誰も利用しないような高速道路を作るよりも、こういう行いにこそ国税を使うべきでしょう。

一方で日本は先進諸国の中でも児童ポルノ画像の単純所持やアニメ、ゲームの規制が弱く
先進諸国からは「児童ポルノ供給国」と名指しで批判されています。

どこまでがポルノで、どこまでが表現か。
難しい線引きになると思いますが、そろそろ本腰を入れて議論すべき時が来たようですね。


Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090618-00000043-jij-soci

皇潤の効果
ウォーターディスペンサーレンタル
[PR]
by mty1210 | 2009-06-18 13:46 | 最新ニュース