最新ニュース、目玉情報、芸能関連などなど


by mty1210

人気レスラー三沢光晴さん、突然の死去

試合中に倒れて、病院で死亡が確認されたプロレスラー、三沢光晴さん(46)。
絶大な人気を誇っていたプロレスラーだけにその死に多くの人々が衝撃を受けました。

事故は13日午後8時半ごろに起こりました。
広島市中区の県立総合体育館で行われた「プロレスリング・ノア」の興行において、
タッグマッチ戦に出場した三沢さんは、バックドロップを受けて頭を強打。意識不明
となり、広島大学病院へ搬送されましたが、同10時10分に死亡が確認されました。

広島県警の発表によりますと、三沢さんの死因は頸髄離断(けいずいりだん)です。
文字通り、頸髄が損傷して神経が切断されたことを意味しています。
頸髄は7つの骨に分かれていますが、その中の上位頚髄(1~3)が損傷すると呼吸のため
に使う筋肉が麻痺してしまい、心肺停止に陥ることがあるそうです。
プロレスラーが試合中に死亡したのは、今回が始めだということです。

三沢光晴さんは、全日本プロレスでデビューし、その後のタイガーマスクとして変幻
自在な試合ぶりを披露し、一躍人気を博しました。
その後「プロレスリング・ノア」を立ち上げ、代表取締役として経営しつつも、選手
としても活動を続け、まさに八面六臂の活躍ぶりでした。

14日、福岡県博多市で行われた「プロレスリング・ノア」の興行では、選手とファン
が一緒に10カウントゴングで三沢さんの死で見送りました。
第2試合では、三沢さんの最後の対戦相手となった齋藤彰俊選手が登場。
齋藤選手のワザ「岩石落とし」が、今回の事故の発端となったわけですが、ファンは
大きな拍手と声援を送りました。あくまでも試合中の事故であり、誰が悪いという問題
ではありません。
ファンたちの温かい声援に齋藤選手は号泣したということです。


Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090615-00000026-mai-soci
ウォーターディスペンサーレンタル
スカルプD販売店
[PR]
by mty1210 | 2009-06-16 14:16 | 最新ニュース